パイロット不足は利便性と比例して起こる現実と向き合う

飛行機を低料金で利用できるLCCは、飛行機の利用者を増やすきっかけとなりました。しかし利用者が増える事で、運営する便の数が急激に増えパイロット不足と言う現状を生み出しています。

人数制限によりパイロット職から離れる人材も多く

飛行機の飛ぶ回数が増えると言うことは、利用者から見ると利便性が良くなったと言えます。しかし飛行機を飛ばす回数が増えると言うことは、パイロットや乗務員に掛かる負担が大きくなると言う問題が所持ます。

パイロットになるためには専門的な技術や知識が必要となり、操縦するための免許を取得するにも長い時間がかかります。さらに本フライトに出れるようになるには、何回も本フライトに同乗し先輩パイロットから色々な事を学ぶ必要があります。

一人前のパイロットとして認められ、本フライトを任せられるのはごく一部のパイロットに限られます。このシステムに加えて、ここ数年で参入したLCCの存在がパイロット不足と言う現状に拍車をかけています。

飛行機会社が増えると言うことは、利用者確保の為に価格競争などが加速します。そして利用者が増えると、必然的に飛行機を飛ばす回数も増える傾向になります。

利用者にとっては利便性が向上しますが、運営サイドにとっては限られた人数でフライトをしなくてはいけないと言う現状に陥ります。特にパイロットは元々の人数に限りがあるため想像を遥かに超える負担が生じ、この事が原因でパイロット職から離れる人材も多くパイロット不足になっていると言えます。

ひとつのフライトでかかる重圧は計り知れない

パイロットは何時間もの間、多くの乗客や乗務員の命を一時的に預かることになります。そのため計り知れない重圧の中で操縦桿を握り、何十時間も重圧と共にフライトをしています。

限られた人数のパイロットで何便も回すため、ひとつのフライトが終わる頃には心身共に疲れた状態になっています。パイロットの数が足りないために、1日に何度もフライトに出ることも慢性化していると言えます。

この事からもわかるように、パイロットの人数を確保し続ける事が大切になって来ています。

厳しい基準をクリアしていくパイロットであり続ける難しさ

パイロットの操縦資格を取得しても、各航空会社では定めている基準を外れるとパイロットとして操縦桿を握る事は出来ません。

パイロットに対して行われる検査は通常、半年に一回のペースで行われます。各航空会社が定めている基準を少しでも下回ると、容赦なくパイロットとしての業務から外されてしまいます。

この適正検査には厳しい基準を設けている航空会社が多く、常にベストな健康状態でいる事が求められます。また急遽代わりにフライトに出られるパイロットも少ないので、なかなかゆっくりと体を休められないのも現状です。

前に進める人材こそパイロットに求められるもの

パイロットに求められる条件は非常に高く、その条件をクリアし続けるためにパイロットは日々努力をしています。どんな状況でも冷静な判断が下せる精神力と、操縦技術を維持するために日々のトレーニングは欠かしません。

多くの人の命を一時的に預かるフライトは、想像を遥かに超えるものだと言えます。パイロットに求められる条件は冷静な判断が出来る精神力と高い操縦技術。

憧れの職場としてパイロットはよく聞かれますが、パイロットになるためには何よりも強靭な信念が必要だと言えます。飛行機の操縦桿を握ると言うことの重みなどをしっかりと受け止め、前に進める人材がパイロットとしての道を歩めると言えます。