特殊な職種だからこそ人材不足の問題が大きくなる

パイロット不足で生じることは、過酷な労働を強いることになるということです。専門的な知識と経験がなければ操縦席に座ることも許されない飛行機、選ばれた人材だけがパイロットして操縦桿を握ることができるようになります。

元自衛隊所属のパイロットは訓練期間が短い

一般採用で採用されたパイロット候補生は、入社した会社の定める育成プログラムを確実に着実にクリアしていかなければいけません。プロのパイロットとしてフライトに同乗するまでには、何年もの月日がかかることを忘れてはいけません。

しかし航空会社で一からイロハを教え、一人前のパイロットにするまでには何年もの月日が必要になります。しかし元航空自衛隊のパイロットは基礎部分的なところはもちろんのこと、中堅パイロット並みの技術を保有していると言えます。

右も左も解らない新人パイロットから中堅パイロットになるまでの期間を短縮することができ、訓練にかかる費用も抑えることができます。この事からも解るように、即戦力として活躍ができる人材は大変貴重な存在だと言えます。

元自衛隊所属のパイロットの操縦技術は想像以上

一般的に教えられる操縦技術は、どれだけ理想されている状態に期待を保つかにあります。しかし基礎的な部分を会得しただけでは、本当の意味で使える状態だと言えません。

フライトに出れば様々なことが起き、その度に的確な対応が求められます。この的確な対応を取れるようになるまでには、何年もの月日が必要になります。

しかし自衛隊出身のパイロットは非常事態に特化した訓練を受けているので、高い対応能力を兼ね備えていると言えます。これは航空会社にとっては大きな魅力でもあり、求めているものだとも言えます。

高い技術力を身につけるまでには、本当に長い年月と経験が必要になります。この年月を少しでも短くし、現場に出られる人材はとても貴重な存在だと言っても過言ではありません。

鍛えられた精神力は繊細な操縦にも影響を及ぼす

飛行機を安定した状態で操縦するには、繊細で正確な技術が必要になります。特に離陸と着陸の時は事故を起こす確率が高いので、技術の高さは離陸と着陸の時に求められます。

この離陸と着陸時に必要される繊細な技術は、戦闘機などでも同じだと言えます。毎日訓練で離陸と着陸を経験している自衛隊は、繊細な技術の持ち主だと言っても過言ではありません。

パイロット足しているからこそ、ベテランパイロットがいる間に現場に出られる人材が必要だと言えます。この条件を満たせるのが、航空自衛隊出身のパイロットだけだと言えます。