小さなミスも生まれない環境を整える必要性

人的ミスを誘発している原因の一番の理由は、過重労働が当たり前の環境になっていることが挙げられます。このような環境になっている一番の原因はパイロット不足、需要と供給のバランスが大きく崩れ始めていることは言うまでもありません。

過重労働が生み出すものは想像をはるかに超えるもの

まず航空会社で最も過重労働が課せられているのは、毎日飛行する機体の整備を担当する整備士だと言えます。整備士は限られた時間と人数で飛行機の状態を完璧な状態にし、安全なフライトができるようにしなくてはなりません。

次に過重労働が課せられているのは、機体を操るパイロットです。パイロット不足ということから、通常では考えられないシフトで働いているのが現状です。

しかし航空会社も何も手を打っていないわけではなく、パイロットや整備士などの負担を少しでも軽くするために最新鋭の機体や整備機器を導入してます。このように航空会社が現場で働く人材のための環境作りをすることで、ギリギリの人数でもフライトができると言えます。

しかし騙し騙し業務をこなしていると、ツケは必ず何かしらの形で訪れます。そのツケが事故やトラブルへと繋がるケースが多くあります。

過重労働は人為的ミスを誘発する起爆剤になってしまう

どんなにチームワークでカバーしたとしても、過重労働が持続的に続くことは大変危険な状態を招くことにつながると言えます。

パイロット不足のために通常より多いフライト回数をこなしていると、普段の繊細な操縦に小さな狂いが生じてきます。

この小さな狂いは確実に事故に繋がり、大惨事を招いてしまうと言えます。実際に飛行機事故で起きているほとんどの原因は人為的ミスで起こっており、過重労働の環境下で働き続けていた例も報告されています。

また過重労働が一番もたらす恐怖は、肉体的疲労から来る集中力の低下にあります。人間の集中力が一度低下していますと、いつもなら気づける変化にも全く気づくことができなくなってしまいます。

そのような事態を避けるためにも、パイロットが足りていない現状を打開する必要があります。

現在は様々な方法でパイロットを集め、少しずつ環境改善に努めている会社が多くあります。しかし今だにパイロットの人数が足りていないのも、避けられない現実です。