前職の経験を活かしてパイロットになろう!

厳しい訓練を日々受けている航空自衛隊所属のパイロットは高い操縦技術と体力を兼ね備えているので、パイロットとして即戦力になることが見て取ることができます。

パイロット不足を緩和する方法としても注目を集めており、除隊した元自衛隊員が民間の航空会社に入ることも珍しくない時代になりました。

鍛え上げられた技術と体力と精神力が最大の武器になる

航空自衛隊で鍛え上げられた操縦技術は非常に高く、民間の旅客機を確実に操縦できるレベルであると言えます。そのためパイロット不足の今だからこそ、元航空自衛隊のパイロットが求められています。

なぜ航空自衛隊のパイロットが求められるのかというと、一から育成する手間が省けることが挙げられます。訓練の期間を短くできるということは、それだけ早い段階で現場で活躍出来るという利点があるからです。

一般的にパイロットになるためには専門学校を卒業し、操縦資格を得るところから始まります。また航空会社に入社した後も、各航空会社が定めている育成プログラムをクリアしなくてはなりません。

その育成プログラムを短縮できる人材が航空自衛隊出身のパイロットであり、今最も求められている人材だと言っても過言ではありません。パイロットに必要な気力・体力・操縦技術に加えて、どんな状況でも冷静に判断できる精神力を持っています。

自衛隊の厳しい訓練で培った技術と経験は裏切らない

自衛隊では万が一の時に備えて、様々な状況を想定して訓練を行なっています。このような過酷な状況の中で培った経験や技術はいざという時に力を発揮します。

世界で最も安全な乗り物として知られている飛行機ですが、事故を起こした時に先頭に立って行動をするのは機長の役割になっています。そんな時に求められるのが、どんな状況でも冷静な判断と行動が取れる強い精神力です。

この精神力を持っているのが自衛隊の厳しい訓練に耐えた人間であり、理想言っても過言ではない人材だと言えます。また戦闘機の操縦で培った操縦技術は機体トラブルの時、対処するための技術も併せ持っていると言えます。

どんな状況下に陥っても、乗客を守るために全力を尽くさなくてはいけません。

その時に必要されるものを持っている自衛隊のパイロットは、即戦力として活躍できる人材だとして注目を集めています。パイロット不足という状況を打開するための、最後の切り札として注目されています。