人材育成が難しいからこそ起こる人材不足

パイロットのなるためには様々な条件をクリアし、全てを満たす必要がある特殊な職業だと言えます。パイロットに必要される要素を満たすためには、基本的な健康な体が必要になります。健康と言っても一般の人が言う健康ではなく、さらに細かい部分まで見た状態で健康を維持する必要があります。

健康な体を維持することが何よりも必要な難しい職業

パイロットとして活躍するためには、人並み以上に健康に気を使う必要があります。病気はもちろんのこと、視力低下なども避けていかなくてはいけません。

各航空会社では体の健康状態に加えて、視力が維持されているかと言う部分にも厳しいライン引きをしています。パイロットは広範囲に渡り状況を把握しなくてはいけないため、人並み以上の視力が必要になります。

飛行機の操縦資格を取得するときに必要される視力以上なければ、航空会社のパイロットとして働くことが出来ないと言うのが現状です。そのため条件を満たすことができる人材が少ないため、パイロット不足が生じているとも言えます。

パイロット不足が慢性化することで、既存のパイロットが過重労働に耐えきれずに辞めてしまうケースも多くあります。しかし確実な安全性を保つために必要な能力値を下げる事も出来ずに、悪循環が続いているのが今の航空業界だと言えます。

悪循環な流れを断ち切るためにできる事を模索している

悪循環な流れを断ち切るために、各航空会社は様々取り組みをしています。今時点で働いている従業員の待遇を見直したり、これから入社する人材への入り口を広げたりと色々な方法でアプローチをしています。

しかし見直せる部分も多くありますが、基準を緩和できない部分も多くあります。パイロット採用条件や整備士採用条件など、特殊な知識などが必要になる部分に関しては緩和することは難しいと言えます。

そこで注目され始めているのが、自衛隊などで働いていた人材です。特殊な訓練や知識を持っている人材は育成する工程が少なくて済むので、高い確率で採用することが出来ます。

また体力や精神面も人並み以上あることが多いので、長期に渡り勤務できる人材として計算することもできます。このような試みが少しずつ実を結ぶことが、悪循環を断ち切る一番の方法だと言えます。